トップページ>登記・供託オンライン申請システムとは

登記・供託オンライン申請システムとは

 登記・供託オンライン申請システムは,申請・請求をインターネット又はLGWAN・政府共通ネットワークを利用して行うシステムです。
 登記・供託オンライン申請システムは,平成23年2月14日から,法務省オンライン申請システムとは別のシステムとして運用を開始しました。
 登記・供託オンライン申請システムを利用することにより,登記所等の窓口に出向くことなく,自宅やオフィスなどからインターネット又はLGWAN・政府共通ネットワークによる申請・請求や電子公文書の取得が可能となります。

 なお,書面の提出又は郵送による申請・請求も,従来どおり窓口で受け付けています。

登記・供託オンライン申請システムを利用することにより,以下のようなメリットがあります。

  • 自宅やオフィスなどから,オンラインによる申請・請求を行うことができます。
  • 公文書についても,オンラインにより自宅やオフィスなどから取得することができます。
  • ライフスタイルに合わせた申請・請求方法(書面又はオンライン)が選択できます。
  • 書面で申請・請求を行うよりも,手数料等が低額になる手続があります。

登記・供託オンライン申請システムにおける申請・請求の対象となる手続は,以下のとおりです。

(平成23年2月14日から)
  • 不動産登記手続
  • 商業・法人登記手続
  • 動産譲渡登記手続
  • 債権譲渡登記手続
(平成24年1月10日から)
  • 成年後見登記手続
  • 供託手続
  • 電子公証手続

登記・供託オンライン申請システムにおける申請形式

 登記・供託オンライン申請システムでは,Webブラウザを利用する「かんたん証明書請求」とご利用の際に専用アプリケーションのインストールを必要とする「申請用総合ソフト」の2つの申請・請求方法を提供します。

登記・供託オンライン申請システムとは

オンラインによる申請・請求が可能な手続
かんたん証明書請求
申請用総合ソフト
業務代行システムの運用等